患者会広報

疾患への理解と治療法の進歩にむけた活動をお手伝いします

慢性疾患や認知症、がんなど、一般的に知られている病気から、あまり知られていない希少・難治性疾患など、様々な疾患や障害の患者会の役割も多種多様です。なかでも共通の疾患を持つ方々へ情報を届け、気づきを与えたり、病気に対する社会的な理解を獲得することは治療の進歩や既存の治療法によるQOL向上に大きく寄与することになり、大きな意義があります。
ココノッツでは、メディアを通じた広報活動や、市民公開講座、イベントの構築等の活動を設計し、患者会の目的を達成するためのサポートを致します。

こちらもどうぞ

>ヘルスケア広報3.0
  • 患者会広報

    患者会の活動を広く世の中に知らせたり、実現したい環境とその必要性を伝えるため、TV、新聞、専門誌、オンラインニュースなど、様々な媒体を通じて患者さんの声を届けていくことが重要となります。ココノッツでは、情報の整理やメッセージの構築、取材誘致など、幅広くお手伝いいたします。

  • 疾患啓発

    良く知られている病気であっても、その病態や進行によるQOLの低下など、知られていないことがたくさんあります。また、その病気の存在すら社会的に認知されておらず、そのために多くの患者さんが理由が分からずに悩んでいるという病気もあります。疾患啓発活動では、病気を広く世の中の人に理解していただき、気づきを与えるとともに、社会的な認知向上を目指します。

  • 広報体制の構築

    患者会の規模によって、専門の広報ご担当者を置けない場合もあります。ココノッツでは、患者会の個々のニーズに応じて、広報体制を整えるサポートをいたします。