医療機関・研究所広報

社会的な評価と理解、信頼を獲得し、ブランド構築をお手伝いします。

大学医学部や全国規模の病院グループ、ナショナルセンターなどの運営では、それぞれの地域医療を担うと同時に、その活動を広く社会や行政等に理解していただくことが 大切です。病院に対する社会的な評価や信頼を獲得し、ブランドを確立することは、外来患者さんの増加や研修医や看護師さんの病院選択につながります。
ココノッツは、医療機関や研究所の情報発信を支え、ブランドの構築をお手伝いいたします。

こちらもどうぞ

>ヘルスケア広報3.0
  • コーポレート広報

    理念やビジョンに基づく事業戦略や社会的責任等に関する企業活動、先進的な人事制度などを伝えていく企業広報は、企業への理解を促進してブランドイメージを高め、社会的信頼を得るためのコミュニケーション手段です。また、優秀な人材の獲得や事業活動へのサポートとしても重要な役割を担います。ココノッツは豊富な経験と実績を基に、企業の魅力を広く世の中に伝え、企業イメージを高めるお手伝いをいたします。

  • マーケティング広報

    人々の健康にかかわるからこそ、医療情報には厳しい規制もあります。そうした環境の中で、パブリシティや疾患啓発など、広報的手法による活動は、ターゲットとする人々に信頼できる情報を伝えていく有用な手段です。ココノッツは、環境分析を基に、マーケティング戦略や事業活動と連携した適切なコミュニケーション施策を立案し、相乗効果を高める広報活動を展開いたします。

  • インナー広報

    企業の求心力を高め、業績向上に欠かせないのが、社員に向けたインナー広報です。ココノッツではインナー広報に経験豊富な事業会社出身スタッフを中心に、社員向けの広報活動として、トップからのメッセージ発信や社内報の制作、インナー向けイベントの企画などを幅広くサポート。風通しのよい企業風土の醸成を目指します。

  • 疾患啓発

    疾患の予防や治療に大きな進展があっても、その恩恵を得られていない潜在患者さんが多く存在します。新たな概念や治療法が浸透し、潜在患者さんがその恩恵を得るためには、単に信頼できる情報を届けるだけでなく、彼らを取り巻く環境を変えていくことも必要とされます。疾患啓発では、患者さんを取り巻く環境や行動変容の阻害要因を分析。ステークホルダーに疾患や新しい治療法に対する理解を促進し、行動変容につなげるお手伝いをいたします。

  • メディアトレーニング

    メディアとのコミュニケーションにおける適切な対応は、企業の信頼やブランド構築に大きくかかわります。メディアトレーニングでは、取材を受ける立場にある方々に、病院や研究所を取材するメディアの特性をご理解いただきます。また、実際に即した形での模擬記者会見や模擬取材を通して、質疑応答の実践や対応、服装や表現が与える印象を肌で感じていただきます。クライシスの発生が想定される場合のみならず、記者発表の前や個別取材の前のリハーサルとして実施することも有効です。

    ●One on One(個別取材対応)トレーニング
    ●記者発表会トレーニング
    ●プレゼンテーションリハーサル
    ●クライシスコミュニケーション(記者会見)トレーニング -ぶら下がり対応

  • 危機管理広報

    人々の健康に関わる製品を扱う医療機関や研究機関にとって、信頼獲得は最も重要な要素のひとつです。生命に関わる医療や研究の現場では様々なリスク要素が存在します。ココノッツでは、クライシス発生時のサポートはもちろんのこと、クライシス発生時の初動対応を適切にすることで、その影響を最小限を抑えることを目指し、平時の準備からお手伝いいたします。

  • 広報体制の構築

    これから広報活動を始めたい、広報体制を確立したい、あるいは、広報組織や選任の担当者を持たずに広報活動を始めたい、というご要望に対して、ステップbyステップで、サポートいたします。ココノッツでは、夫々の組織のご要望を伺い、担当者のトレーニングから、情報を還流する仕組みづくり、組織の広報体制づくりまで、豊富な経験を生かした取り組みをご提案します。

    ●広報担当者講習
    ●広報計画の立案と評価づくり
    ●組織内の情報還流の仕組みづくり
    ●情報発信のサポート
    ●企画立案のサポート