君島邦雄のココノッツブログ

ココノッツ創立者であり現在は取締役会長の君島邦雄が
広報や医療に関する話題を中心に日常感じたことを勝手に書いています。

君島邦雄のココノッツブログ

ココノッツ創立者であり現在は取締役会長の君島邦雄が広報や医療に関する話題を中心に日常感じたことを勝手に書いています。

校長先生のマスク

2009.05.18

とうとう新型インフルエンザの国内感染が明らかになりました。入ってしまった以上、これからは一人ひとりが感染しないように注意するしか有効な手立てはないようです。
しかし、どうして高校生ばかり(その家族や先生もいますが)感染するのでしょうか。海外へ行ってもいない生徒が突然罹ったのですから、学校側が慌てるのはよくわかります
そこで、ちょっと気になるのは、記者会見する校長先生のマスクです。
患者を出した学校ですから、校長先生も発症はしていないものの、すでに感染している可能性は捨てきれません。記者にうつしてはいけないからマスクをしているのでしょうか。それとも、記者から感染したくないからでしょうか。私が見たニュース映像では、マイクを突きつけている記者でマスクをしていたのは少数派でした。
医学的にはどうあれ、感染者を出した学校の責任者がマスクをしていないとは何事かと、誰かに叱られるのを恐れているのかもしれません。この際、マスクをする習慣を広めたいからお願いします、と所管の保健所から要請された、とも勘ぐってみましたが、これは考え過ぎかな。しかし、危機意識を煽るには一定の効果はあるでしょう。
広報的な観点からはどうでしょう。「生徒の感染対策に校長先生も大汗かいてます」という演出効果はあると思いますが、少々わざとらしさも感じますね。病院の記者会見でドクターが着る白衣と同様、意味があるようで実はあんまりない。
今日の状況では、校長先生のマスクはない方がよいように思うのですが、いかがなものでしょうか。〈kimi

< 一覧に戻る >