君島邦雄のココノッツブログ

ココノッツ創立者であり現在は取締役会長の君島邦雄が
広報や医療に関する話題を中心に日常感じたことを勝手に書いています。

君島邦雄のココノッツブログ

ココノッツ創立者であり現在は取締役会長の君島邦雄が広報や医療に関する話題を中心に日常感じたことを勝手に書いています。

それでいいんや

2016.05.27

昨夜のNHKハートネットは「こんなはずじゃなかった 医師 早川一光」でした。改めて書くまでもありませんが、早川先生は在宅医療の先駆者の一人です。92歳。がんで闘病されておられるそうです。
実は若い頃、製薬会社のPR誌のライターとして早川先生を取材したことがあります。先生は往診に行くからついて来いと言われました。京都の暑い夏の日でした。西陣の細い路地を右へ行ったり左へ行ったり。行く先々のお宅で氷の入った麦茶が出されました。お腹はすぐにガボガボになりましたが、先生は嫌な顔もせずおいしそうにみなグッと飲み干しました。最新、最高の医療ではないかもしれませんが、また最良でもないかもしれませんが、よい医療が確かにそこにはあるような気がしました。
取材のために3回も京都へ行きました。取材が難しかったのではありません。先生からもっともっとお話をうかがいたかったからです。
偉いお坊さんが「死にとうない、死にとうない」といいながら亡くなった。「それでいいんや」とそのとき先生はおっしゃいました。そんな話をテレビを見ながら思い出していました。

< 一覧に戻る >