PRメニュー

個別のプロジェクトのみでもサポートいたします。お気軽にご相談ください。

疾患啓発

疾患の予防や治療に大きな進展があっても、その恩恵を得られていない潜在患者さんが多く存在します。 新たな概念や治療法が浸透し、潜在患者さんがその恩恵を得るためには、単に信頼できる情報を届けるだけでなく、彼らを取り巻く 環境を変えていくことも必要とされます。疾患啓発では、患者さんを取り巻く環境や行動変容の阻害要因を分析。 ステークホルダーに疾患や新しい治療法に対する理解を促進し、行動変容につなげます。

疾患の予防や治療などの啓発を行うことで、そこで必要となる製品やサービスの価値を認知いただき、行動変容に繋げます。

メディアトレーニング

メディアトレーニング

リスク案件についての状況を設定し、ストーリーを作成。模擬会見や模擬取材を行い、その模様をビデオカメラで撮影、映像をリプレイしながらアドバイスを行います。

メディアとのコミュニケーションにおける適切な対応は、企業の信頼やブランド構築に大きくかかわります。 メディアトレーニングでは、企業のトップや取材を受ける立場にある方々に、取材されるメディアの特性を理解いただきます。 また、実際に即した形での模擬記者会見や模擬取材を通して、質疑応答の実践や対応服装や表現が与える印象メディアを肌で感じていただきます。 クライシス発生が想定される場合のみならず、記者発表の前や個別取材の前のリハーサルとして、メディアトレーニングを実施することも有効です。
ココノッツでは、 医療専門記者からの質問にも対応できるようヘルスケア企業に特化した専門的なメディアトレーニングを行っています。
●One on One(個別取材対応)トレーニング ●記者発表会トレーニング ●プレゼンテーションリハーサル ●クライシスコミュニケーション(記者会見)トレーニング-ぶら下がり対応

インナー広報

企業の求心力を高めるために不可欠なのが、社員に向けたインナー広報です。インナー広報に経験豊かな事業会社出身スタッフを中心に、 社員向けの広報活動として、社長メッセージの発信や社内報の制作、インナー向けイベントの企画などを幅広くサポート。風通しのよい企業風土の醸成を目指します。

企業の求心力を高める社員を対象とした広報活動です。

危機管理広報

危機管理

クライシスにおいては記者会見を開いて経緯や対策を説明する必要が生じます。メディア側から会見を要求される場合も少なくありません。 緊急記者会見の成功は、その後の事態の沈静化、ブランド毀損を最小化に結びつきます。

人々の健康に関わる製品を扱う企業や医療機関、研究機関にとって、信頼獲得は最も重要な要素のひとつです。
製品の安定供給や品質管理はもとより、人事関連、それぞれの事業活動のあらゆる場面でリスク要素は存在し、そこで発生した「問題」は、報道されることによって 初めて「クライシス」へと変貌します。とくに製薬や医療機器などのヘルスケア企業では、行政、医療機関、学会、医師会等、多様かつ特殊な要素が 複雑に絡んでまいります。
ココノッツでは、薬事行政や業界、医学界に関する専門知識をベースとして、 ブランド価値の毀損を最小限に止める広報活動をアドバイス。クライシス発生時のサポートは もちろんのこと、クライシス発生時の初動対応を適切にすることで、その影響を最小限を抑えることを目指し、平時の準備からお手伝いいたします。

広報体制構築

これから広報活動を始めたい、広報体制を確立したい、あるいは、広報組織や選任の担当者を持たずに広報活動を始めたい、というご要望に対して、 ステップbyステップで、広報活動スタートの、あるいは広報体制構築のお手伝いをいたします。
ココノッツでは、夫々の組織のご要望を伺い、担当者のトレーニングから、情報を還流する仕組みづくり、組織の広報体制づくりまで、 豊富な経験を生かした取り組みをご提案します。
●広報担当者講習 ●企業の目的に沿った広報計画の立案と評価づくり ●組織内の情報還流の仕組みづくり ●情報発信のサポート ●企画立案のサポート

これから本格的に広報活動を展開したいと希望される皆様の様々なニーズにお応えします。

記者発表/プレスリリース

プレスリリース

記者発表の目的はニュースとして報道されること。ココノッツは医療記者などとの人的ネットワークに大きな強みを持っています。

M&Aの実施や新製品の発売、新たなサービスの展開など、メディアを通じて製品や企業の価値を広く報道につなげるためには、インパクトを与える記者発表や プレスリリースが求められます。
ココノッツでは、発表内容をお伺いし、そのニュース的な価値や社会的関心事など、様々な切り口から魅力あるリリースを作成。関心を持つ記者へのコンタクト、 効果的な記者発表会の企画・運営、 その後のフォローアップ、報道モニターまで、きめ細かくサポートいたします。

プレスセミナー

プレスセミナー

プレスセミナー成功のポイントは、メディアに価値を感じさせるテーマの選定と切り口にあります。

世の中に知られていない新製品の情報、あるいは、すでに発売されていてもその価値を十分に認知されていない製品について、メディアに大きく取り上げてもらうためには、 記者やジャーナリストにその情報の背景やその製品の社会的インパクト、つまりニュースバリューを理解していただくことが大切となります。
記者を対象に、 各分野のKOL(Key Opinion Leader。影響力を持つ医師等)や研究者などを講師として、 疾患や治療法に関する正しい情報の提供や理解促進を図るのが プレスセミナーです。ココノッツは、プレスセミナーのテーマ設定から、企画運営に至るまで豊富な経験で皆様をサポートいたします。

施設見学会

施設見学会

施設見学会は御社の社会的信用を高め、新たな価値を生みだす機会ともなります。

企業の工場、研究所、あるいは医療機関の院内施設などを取材していただくメディア施設見学会は、企業や医療機関への理解と信頼を得る上で効果的な広報活動です。 普段、目にすることができない現場を一般の方に代わってメディアが取材し、広く伝えます。ココノッツでは、施設見学会の企画、運営、実施まで、きめ細かくサポートします。

市民セミナー

市民セミナー

企業サイドからの情報発信と医療消費者の情報収集。双方のニーズを満たすことができるのが市民セミナーです。

社会的意義の高い市民のための勉強会は、ヘルスケア企業から医療消費者へのダイレクトな情報提供の場を提供するとともに、その生の声を直接伺える機会ともなります。 また、市民セミナーの実施を通して、各分野の権威やインフルエンサーに御社の企業姿勢をご理解いただき、関係を強化することにもつながります。
ココノッツでは、TV、新聞、ラジオ等さまざまな媒体とのコラボレーションを企画。 マスコミ取材フォローや新聞の採録広告掲載まで一貫してサポートいたします。

セミナー、シンポジウムにおける司会や講師

司会や講師

各種セミナーの講師やシンポジウムの司会を務めるなど、広報のエキスパートとして広く社会的要請にお応えするコミュニケーション活動を展開しています。

特別顧問の元朝日新聞編集委員の田辺功は、医療ジャーナリズムの第一人者として医療報道に大きな実績を残してきました。 その豊富な医学・医療の知識をもとに、 医療セミナーの講師をはじめ学会や市民向けシンポジウムなどの司会をお引き受けしています。 また、代表取締役の君島邦雄は企業における豊富な経験を活かし、 企業内広報セミナーや公開セミナー等において、実務に即した実践的な広報指導を行っています。ぜひ、ご相談ください。