ヘルスケア広報とは

Q1

広報部門の立ち上げ、まず何から手をつけたらよいのか?

当社で初めての広報担当となりましたが、何から手をつけていいのか途方にくれています。

Answer

広報に関する知識の習得の問題と業務の立ち上げの問題に分けて考えてみましょう。
広報の知識は、手引き書を読むかセミナーに出席するのが手っ取り早いと思います。広報に関する書籍を1~2冊読めば広報活動の概略が一応理解できます。 代表的なセミナーに株式会社宣伝会議の「広報担当者養成講座」があり、ココノッツの代表取締役も講師の一人です。
それから先は、少しずつステップを踏んで実践してみることです。
とりあえず新商品のプレスリリースを書いてみてください。プレスリリースというのは、記者に企業からの情報を伝えるための発表文です。 企業からは毎日膨大な情報が発信されていますから、いちいち記者発表を開かれては記者も忙しくて仕事になりません。 プレスリリースは記者発表の代りとなる発表形式です。
書き方は本にも解説されていますが、日経新聞のサイトの「プレスリリース」https://www.nikkei.com/pressrelease/にアクセスすると、 その日に発表された新鮮なリリースを読むことができます。大企業のホームページにも掲載されています。
プレスリリースの配布先は、まず記者クラブです。自社を担当する記者クラブがわからない場合は、新聞社の経済部や企業報道部(日経)、 などに電話すれば教えていただけるでしょう。該当する記者クラブがない場合は、記者に直接メールやFAXで送らなければなりません。 この送り先も新聞社やTV局、ネットサイトの運営会社などに問い合わせれば教えてくれるはずです。
このように、会社の方から情報発信の数を少しずつ増やして行けば、取材を受けるチャンスも増え、広報活動を軌道に乗せる第一歩を踏み出すことになります。