ヘルスケア広報とは

Q3

広報の現場ではどんな人材を求めているのですか?

私は現在、専門学校の広報ビジネス科で勉強をしています。広報の仕事に就きたくてこの学校を選んだわけですが、 実際の企業では広報担当者にどんな人材を求めているのかがつかめません。広報を目指すにあたってやっておいた方が よいことや、最低限これは必要だと思われることを教えてください。

Answer

広報の仕事は、一般の事業会社で広報部に所属するか、PR会社で働くか、どちらかになるでしょう。
企業によって広報セクションが担う業務の内容は大きく異なりますので、そこで求められる能力や人材もそれによって異なります。 また、日本の企業と外資系の企業でも異なっています。
日本の大企業(残念ながら中小規模の企業では広報セクションを持っているところはまだ少ないのが現状です)では、 広報の担当者は社員の中から選ぶことが多いようです。新入社員として配属されることもあれば、営業など他部門で何年か経験を 積んでから配属されることもあります。つまり多くの日本の企業では、広報の専門教育を受けた人や経験者を広報セクションに 配属するために採用するということは少ないと思います。
それに対して、外資系(外国の会社の支社や日本法人)では、ほとんどが広報経験者の中途採用です。期待しているのは、 日本での広報活動のノウハウを持っていること、トップや親会社と緊密なコミュニケーションがとれること、つまり英語ができることです。 多くは1)PR会社での実務経験を持っている、2)他の外資系企業で広報経験がある、3)欧米の大学等でPR課程を修了し、米国の親会社で 採用されて日本に送り込まれている、3)日本企業の米国法人などでPRの経験を持っている、といった経歴が多いようです。
ということは、まずPR会社に入社することを目指す。そして英語を習得する。これが現実的なキャリアパスの方法かもしれません。 PR会社は新卒も中途入社も募集しています。PR会社の仕事と企業の広報セクションの仕事には多くの違いがあるのですが、 それでもPR会社での経験は役立ちます。