ヘルスケア広報とは

Q4

広報と広告の違いは?

広報と広告の違いを教えてください。

Answer

広報と広告の違いを整理すると、次の表のようになります。

広告と広報

「スペース」というのは、新聞や雑誌の広告面(の大きさ)のことです。新聞広告をするときは、15段(全面広告)とか3段突き出し とかいう単位でスペースを購入します。「時間」というのは、CMの秒数をなどです。15秒とか30秒という時間を広告主は買っています。 広告としてスペースや時間を買ってしまえば、その内容は広告主の好きなように使えます。言いたいことが言えます (いくつかの広告規制はありますが)。
ところが、パブリシティの結果、メディアに記事やニュースとして取り上げられた場合、そのマター(たとえば新製品とか企業買収とか) のどこにポイントを置くかは、会社側の説明者やリリースの文面がいくら強調しても、記者が独自で判断することになります。 それが「報道の自由」です。だから、報道されてから「なんだ、これは。こちらの意図が全く書いてないじゃないか」と社長が 怒り出すといった事態がときどき起こります。それが広報の宿命ですが、その社長さんは、上のような広報と広告の違いをご存じないのです。
また、広告はBuy me.で広報はLove me.だと、広報関係者の間では昔から言い伝えられて来ました。わかったようでわからない表現ですが、 ある一面を表現してはいます。