ヘルスケア広報とは

Q15

広報業務はアウトソーシングした方がよいか?

広報の担当をたった一人でしています。業務が多くなってきたので、増員をしたいと考えたのですが、 会社からは広報業務をアウトソーシングした方が全体のコストが安くなるのではないか、 と言われました。広報の仕事はコストだけで考えてはいけないような気もするのですが、 どうでしょうか。

Answer

広報は基本的に経営機能の一部ですから、本来はその企業が直接行うべき業務です。 しかし、経営コンサルタントとかITのコンサルタントなどに委託して、外部の目で業務のあり方を評価して もらったり改善の提案をもらったりすることは、どこの企業でも行われています。 また、システムの運用を外部委託することなどもごく当たり前のことになっています。基本的には、広報業務も 同様に考えたらよいと思います。広報業務のアウトソーシングは、一般的には人件費と比べコストの削減に 貢献すると考えられています。
広報の仕事を実際にしているとわかることですが、意外に内向きの業務に時間をとられるものです。 知らず知らず業務がルーチン化してしまい、新鮮な企画を考える余裕をなくしてしまうことがあります。 そのようなときには、コンサル型のPR会社に相談すると新たな展開の糸口が見つかるでしょう。 しかし、広報業務のすべてをPR会社に丸投げしてしまいますと、いつまでたっても社内に広報の経験値が蓄積しません。